So-net無料ブログ作成

2017 年度 も、不定期営業 しま~す[るんるん] [わーい(嬉しい顔)] 

元旦より O P E N 中で~す [るんるん]

本年もよろしくお願いいたします。

 

おやじライダー こう バイクと趣味・雑談のブログです。

つまらない話題満載?な、自己満足の楽書き(落書き)ですので・・・

見苦しいところも 満載 なので、何とぞご了承ください。[わーい(嬉しい顔)]                                                                                                          

おっさんモデラーのらくがきへようこそ!と言いたいのですが!このたび バイク(オートバイ)ネタを独立新規OPENしました♪ 楽書きには変わらないので、見苦しいところはご了承ください。

ガンプラ ブログトップ
前の10件 | -

ガンプラ ミキシングビルドの話し [ガンプラ]

もう一つの趣味である模型つくりの話し。


ガンプラのミキシングビルドって言うものに挑戦中!           

んで!ボルトガンダム風を制作中です。


Gガンダムのボルトガンダムの再現ではないので、突っ込み無しで [わーい(嬉しい顔)]

俺のガンダム [パンチ] オレガン です。 

ーソナル・リジナル・ンダムとでも、もうしておきます。 POGです


なんで?ボルトガンダムなの?特に理由は無いです

ミキシングで何作ろう~?と考えたとき、ふいに思いついたのですから。


制作記事は、別館ブログで書いてますので、ここでは流れをおさらい(笑)

※別館 引っ越し考え中 Ya ⇒ So 



基本ベースは AGE タイタスと 00バーチェの1/144キットで、       その他キットを部品単位で使用しています。


適当部品で形状検討開始 [るんるん]

とりあえず キットの手やら足やら胴体やらを、とっかえひっかえした訳です


顔+腕 バーチェ その他 AGE タイタス


0304_0001.JPG 


顔+肩+右腕 AEG 胴体+左腕 バーチェ

腰アーマー+右足 ヘイズル改 太もも+左脚 ガンキャノン 


0304_0005.JPG


上画像 改 太もも延長 [がく~(落胆した顔)]

キャノン太ももに タイタス太もも合体 [exclamation]

まだ タイタス にしか見えません(笑)


0304_0007.JPG


大変身[exclamation] 途中の変化割愛してます


顔 変えると大きく変わるものですね~

このころになると、どこに何の部品使ったのか分からなくなってきます


胸の装甲はヘイズル改の すね でございます。

足や足首の装甲は、キャスバル・ガンダムやバーチェ足切出しっす


0529_0001.JPG

0416_0005.JPG


背中です


0529_0002.JPG


そんでもって!ほぼ最終形態 塗装中第1段階 

顔 も進化 

RX78のハイパーハンマーがベストサイズ [わーい(嬉しい顔)]

手持ち出来るように、手を改修しております。


IMG_0001.JPG


おでこにエンブレム追加

これランナータグから作りました。


0617_0003.JPG

0611_0001.JPG


最新状態は塗装第2段階に突入しております

白部分にシャドー入っているのわかるかな~(笑)


0725_0001.JPG


まだまだ途中!試行錯誤の連続ではありますが

ミックスビルドと言う名の、自分ガンプラ作りをたのしんでます。


創るに当たり、縛り(条件)をもうけています。


スケールは問わないが、ガンプラキットだけ使うこと

ガンプラキットであれば、部品を切り刻んで使っても良い


*ランナー&ビルドアップパーツ&MSオプションパーツもOK

と言う事にしています(笑)


以上[exclamation×2] お父さんのガンプラミキシングでした [るんるん] ちゃんちゃん [わーい(嬉しい顔)]



追伸

ミキシングで創っていて思う事


キット作る以上に頭を使っています、きっと


紙の組立て説明書はありませんし

自分の頭の中の組立て説明書だけが、頼りなのですから。


当たり前と言えば当たり前ですね(笑)


自分のイメージを形にするために、どのキットのどの部品が使えそうか?

部品選びも結構な労力ですしね 楽しいけど・・・・


こんなのしていたら・・・


絶対!脳の活性化に一役かっているはずだよな~

指先も使うからな~ 脳のアンチエージングしているかも


な~んて 思ったりして


 






プレミアム バンダイ で、ポチッ!ちゃいました(笑) [ガンプラ]

これは、もう一つの趣味である プラモデルの話で R !


でっ?何をポチッ!ちゃったと言うとですね。

プレミアム バンダイ でっ! 

 [右斜め下] これ! ガンダム ヘイズル改 予約開始してまして

しっかり[exclamation]ポチリ ました(笑)


ヘイズル2.jpg


スケールは 1/100 MG です。

まさか、スピンオフストーリの機体を出してくるとは思ってもいませんでした。[わーい(嬉しい顔)]


今日 ポチッ って、お届け予定が 9月 ・・・・ [がく~(落胆した顔)]

3か月後かぁ~~ 完全に忘れてしまうがね (笑)


自分がお気に入りの機体なんで・・・・待つことにします


その昔 電ホビ の付録に、ヘイズルヘット が有ったですね~

1/100 MG クエル の改造パーツとしてだったはず?


今回の ヘイズル改 は、きっちり ヘイズル改 として存在してます

この 無骨感が宜しいですね~


全体の印象は、下画像となります

ヘイズル4.jpg


詳しい情報はと言うと! プレミアム バンダイへ GO!


 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ガンプラ HGBF ガンダム フェニーチェ リナーシタ作った [ガンプラ]

2016年最後を飾った ガンプラ のご紹介です。

ガンダム フェニーチェ リナーシタ でございます 

IMG_010.JPG

仕事の合間にコツコツと 2か月も費やしてしまいました[たらーっ(汗)]          実作業の時間はその半分なのですけどね (笑)

それでも時間掛かり過ぎ 

今回の試みとして、KIT 組立説明書を実作業の写真で再現しようと    その方が分かりやすいかな~と思ったので。

しか~し 実際は!その試みを忘れてしまい、              いつものように普通~に、何の疑いもなく制作をしていました。 

 

そんで!その試みがどのようなイメージかと申しますと

説明書 1 作業前準備 切出し前の ランナ L18

IMG_011.JPG

ランナ切出し、そして ゲート処理                   ニッパー⇒カッター⇒細目やすり⇒紙やすり

IMG_017.JPG 

組付け部品 集合~ L18&O2&PC2×2

IMG_013.JPG

上画像パーツ 合体 !

ここで PC2 の可動範囲を広げています、L18を削ってます 

IMG_018.JPG

L11を組付けます 

IMG_019.JPG

IMG_022.JPG

ここで やっと 説明書1の左半分が完了です (笑)

N3+D2に手を付けた頃には、説明書の写真再現の事忘れてました     D2 の裏からクリアーグリーンを塗っています。

 

ここからは通常作業&小改造のお話

 

バードモードの機首に成る、ウイングシールドの先端が気になりませんか?   先端潰されてますよね!諸事情有るので仕方がないのですが・・・

ランナ切れ端を接着して削り込みました、とんがった先端に変えました

IMG_048.JPG

IMG_050.JPG

IMG_051.JPG

V字に開いているウイングは翼断面を意識して薄く削り込んでます

それと~グリーン部分にVウイングが映りこんでいるのが分かるでしょうか?  頑張って磨いてみました(笑)この機体は艶ありも似合うから [るんるん]

IMG_0014.JPG

次は、腕の鳥爪 先端も鋭くします                   爪切られたら、獲物も捕まえられないし [たらーっ(汗)] 

ランナ タグ 切出して接着!そんでもって削り整形

IMG_068.JPG

鳥爪の先端も鋭くなりました

IMG_035.JPG

その他、面の引け修正や艶出しやら行い、完成 

IMG_0001.JPGIMG_0003.JPG

IMG_0009.JPGIMG_0010.JPG

2017年にちなんで、鳥形態 なんちゃって [バッド(下向き矢印)] [たらーっ(汗)] うっ  寒っ [ダッシュ(走り出すさま)]

IMG_0015.JPG

IMG_0016.JPG

IMG_0019.JPG 

今年はこちらにも、ガンプラ制作記をUPしていきます。 

 


タグ:ガンプラ

ガンプラ制作記 1/144 ガンダム バルバトス [ガンプラ]

バルバトス 素組 完成です。

IMG_0009.JPG

Mixing Build の素体として作ったので、墨入れ・塗装はしてません

ただ プラス作業で気になる部分には手を加えています                                 あちらこちらのシャープ感を強調してみました。

設定や本編では シャープなバルバトス も模型になるとね~・・・                               シャープなところは、エッジを立ててシャープにするでしょう (笑)

初めに気になったのは、顔の量頬アーマー? ガード?                                        前も後ろもシャープ感 ZERO 

ランナータグで延長・整形しました

ほほあて延長2.JPG

ほんでもって、短く感じた アゴ の延長

顔あご延長3.JPG

顔よこ.JPG

〇定番メニューの ブレードアンテナのシャープ化

アンテナ改修3.JPG

右 加工前 KIT 状態 左 先端シャープ加工済み                                       肉抜き部は、同色伸ばしランナを接着、整形しています

アンテナ改修1.JPG

 

〇 胸 コックピット廻り                                                        万代 エッジ をシャープに

胸バンダイエッジ改修.JPG

胸 ダクトフィン も、気持ち薄く削ってみました

IMG_0002.JPG

〇 胴体 脇にある縦プレートの先端も タグ 張り延長・整形シャープ化してます                                         下画像は厚み調整中の図です

IMG_0001.JPG

〇 足まわり は、爪・かかと・足甲カバー のシャープ化

足まわりバンダイエッジ改修4.JPG

足まわりバンダイエッジ改修1.JPG

他 ふくらはぎ とか、加工しまして

加工を終えると

IMG_0007.JPG

IMG_0010.JPG

墨入れ しないとやっぱり見映えしないな~ 素体だから良いか [るんるん]

おまけ   メイス 改造しちゃった [わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)]

 伸びる          

IMG_0005.JPG

 縮む

以上 バルバトス 第4形態でした

* 追伸 *

昨今 ガンプラ 制作記の引っ越しを企てています                                                 趣味のブログとして一本にするか否か!どうしますかね~

まとめちゃうと・・・ ごちゃごちゃ しそうだしな~ んんんんんん~

でも~ こっちの方が多いしな~ 困った 困った


タグ:ガンプラ

ガンプラ JESTA 冬季迷彩 仕様 作ってみた! [ガンプラ]

ガンプラ ネタ ですが・・・・たまには良いかな?(笑)

少し作る⇒ブログUP⇒少し作る⇒ブログUP!                                    これが出来れば苦労しないっす(笑)

時間を見つけてコツコツと勤しんではいるものの、                                             作り始めると制作が最優先なもので・・・

タイムリーな制作記がUPされないのです [ふらふら]

で!今回は 制作記 の中の 塗装の話しです ♪

お題は 《 JESTA 冬季迷彩 仕様 》

使ったキットは HGUC JESTA ♪ 機体形状が私好み♪                             なんとなく JESTA CANNON より 迷彩系が合うのでは?と言うだけでチョイス

作り方は 私的 スタンダード   ※いわゆる 素組です 

IMG_0013.JPG IMG_0016.JPG

まぁ こんな感じで 素体を作りまして! 冬季迷彩 のイメージを作っていくわけです。

冬だから 雪景色に溶ける迷彩! 白 多め! も良いのでしょうが                                   イメージとしては、以下の行動が可能であろう迷彩 にしたい訳です。

<雪の市街地 ・ 岩肌が見え隠れする山間 ・ 雪が舞い散る夜間行動・・・>

機体色も生かしたい!と言う理由もありますけどね(笑)

参考資料は、ミリタリー 戦車冬季迷彩をネット検索、                                        ついでに通常の迷彩も検索イメージ固めをしていくわけです!

私はラフ書きでイメージを固める事が多いので今回もラフを・・・                                事実イメージ画 書くのも良いと思います♪ 自分だけがわかりゃー良いですから!

書きすぎで混乱するときも有るので注意!!

イメージを固めている最中に、素体の塗装を行っています。                             一応 JESTA として 完成させておきます。

この段階で迷彩にしない部分は決めています。                                                   メリハリのアクセントが欲しいと思ったからです。

1:フェイスマスク
2:腹まわり
3:二の腕
4:太もも
5:ひじ・ひざ・足首・股関節

これらは無迷彩部分にしました

マスキングが見えると思います。

この状態で迷彩の繋がり感を見つつ、フラットホワイトを細吹きしていきました。

   

その後・・・・ 

  
  
ぐるりと 一回り♫
ノーマルと迷彩 ツーショット
 
 
どうです? どちらも素組です!                                                      塗装の違いだけで イメージが変化していると思います。
形を大きく変える(改造)ことなく、変化を与える一つの方法だと思います。
設定には無い、自分の解釈で塗装を楽しんで見るのもいかがでしょうか♪
おまけ:ミスショット・・・・光量不足はこうなります・・右とは、ほぼ!光量違いだけです。
 

ガンプラ過去の作品 HGUC メタス+ [ガンプラ]

超久しぶりの更新です[あせあせ(飛び散る汗)]

このブログ 本店は細々更新してはいるのですが・・・こちらは置いてきぼりになってます。


今回のお題は!もう年末と言う事で、今年の振り返りでは無く、ガンプラの振り返りしちゃいました。
数ある過去ガンプラから、マイナー路線であろう メタス をチョイス! 

タイトルに有る +はチョイ足しの意味です。(笑)

さて!何故 メタス なの? と問われても・・・・なんとな~く 良いかな~ 
決してスタイルが GANDAM系のように整っている訳では無いのだが・・・気になっていたKITだからです。

0033.JPG

制作は スカビ スタイル
:オリジナルパネルライン追加
:適当なんちゃって塗装+オリジナルディティールUP 
※ディティールUP=珍事!

全体像
IMG_0003.JPG

斜め後ろ
IMG_0007.JPG

肩からバックパック
IMG_0006.JPG

ここで +チョイ足しをしています。

肩とバックパック?に 放熱溝のようなディティール追加して印章面に変化付けてみました。

肩の放熱溝はランナのタグを適当に切り 一個づつ貼り付けて表現
バックパック側は、自作工具で ひたすら彫り作業で表現

多少はアクセントになったと思ってます。


もちろん 可変 KIT なので MA 形態はと言うと
IMG_0012.JPG

IMG_0013.JPG

こんな感じです
バックパックのスラスターノズルは ガイヤのシルバーを吹きました。

各所にパネルラインを追加しました!思いつくまま適当にですけど(笑)


お遊びで某変形戦闘機をまねて・・・〇うぉーく??形態? それっぽく ないっすか?[ひらめき]

IMG_0024.JPG

IMG_0027.JPG

塗装はシャドーになる部分はオレンジっぽくして、

全体はKIT の色調(明るめの黄色)としてみました。



出来映えは~~??吹いた効果出ているのかな?

なんとなく 墨入れと サンディング でも再現出来るような・・・気がするが・・・

ちなみに、下画像は無塗装状態

0019.JPG


艶消し塗装無しで、艶消し塗装ぽくする!(サンディング技法※仮名)次の課題ですかね?できるのかな~(笑)
うちのJr はこの方法で艶消し塗装ぽく表現しています。

おまけ! 一番上画像の全体イメージ♪

0034.JPG

次の更新時は制作記で行こうと思います。

2014年度も残すところ二日!

W NAME  新作では無いですけど・・・JESTA冬季迷彩 ? [ガンプラ]

W NAME Blog ! 同じ名前で営業中の スカビ です。
こちらは 別館って感じですかね~ 文面と画像数は多少変化ありです
(本館はhttp://blogs.yahoo.co.jp/skybeet2006

※こちら なんとなく使い勝手悪い・・・LOGIN面倒 必然的に足が遠のいてます
簡略して欲しいよ  そんな愚痴はさて置いて
本館のガンプラ制作記もUPしていないけど、コツコツこっそり 作ってはいます(笑)

さて!

前回 HGUC JESTA CANNON に続き JESTA ネタ 一発!!

お題は 《 JESTA 冬季迷彩 仕様 》

なぜ この時期に 冬迷彩 なの?と思っている あなた !目の付け所が鋭い!
蒸し蒸し・ジメジメのこの季節だから~[グッド(上向き矢印)] 脳内イメージくらいは~[グッド(上向き矢印)]
極寒で涼しくなろうかな? と言う事は一切思うこと無く、
Jr との迷彩話しから 冬迷彩だったら?どうよ・・・ が 本作品となった訳です [わーい(嬉しい顔)]

使ったキットは HGUC JESTA ♪ 

なんとなく JESTA CANNON より 迷彩系が合うのでは?と言うだけでチョイス

作り方は スカビ スタンダード=素組Plus これっす IMG_0013.JPG
 
こんな感じで 素体を作りまして
冬季迷彩 のイメージを作っていくわけです。

冬だから 雪景色に溶ける迷彩! 白 多め! も良いのでしょうが

イメージとしては、以下の行動が可能 であろう・・ 迷彩 にしたい訳でして

雪の市街地 ・ 岩肌が見え隠れする山間 ・ 雪が舞い散る夜間行動・・・[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)] 

そでもって 機体色も極力生かしたい!と言う理由もあるし(笑)塗装の手抜きっす!

参考資料は、やはり ミリタリー系 戦車冬季迷彩をネット検索、
ついでに通常の迷彩も参考にしました。

で~ イメージ固めをしていくわけですが!
色々見ているうちに、迷彩に惑わされ、色の繋がり感が無い汚らしい感じになってしまったのです

と言う事もありますので ラフ書きで良いのでイメージ画 書くのも良いと思います♪
自分だけがわかりゃー良いですから!

イメージを固めている最中に、素体の塗装を行っています。
一応 JESTA として 完成させておきたかった だけっす。

ただし! この段階で迷彩にしない部分を決めています。
メリハリのアクセントが欲しいと思ったからです。

<マスキングエリア>
1:フェイスマスク
2:腹まわり
3:二の腕
4:太もも
5:ひじ・ひざ・足首・股関節

IMG_0026.JPGIMG_0027.JPG

マスキングが見えると思います。

この状態で迷彩の繋がり感を見つつ、フラットホワイトを細吹きしていきました。

そして その後は・・・・
IMG_0035.JPGIMG_0031.JPGIMG_0032.JPGIMG_0033.JPGIMG_0034.JPGIMG_0039.JPG

ぐる~っと 一回り 的な [わーい(嬉しい顔)]

比較として ノーマル色と ツーショット [カメラ]

IMG_0043.JPGIMG_0049.JPGIMG_0052.JPGIMG_0054.JPGIMG_0057.JPG

どうです? いかがなものでしょう どちらも素組です! 

塗装の違いだけで イメージが変化していると思います。
形を大きく変える(改造)ことなく、変化を与える一つの方法だと思います。

設定には無い、自分の解釈で塗装を楽しんで見るのもいかがでしょうか♪

只今 BUILD BOOSTER 改修中 
テーマ: バランス調整で もうちょっと戦闘機 チックに ♪ 

ガンプラ JESTA(ジェスタ) 動くシールドバインダー アーム! [ガンプラ]

忘れたころの スカビ です! こちらの書き込み久しぶりでございます。

メインのyah〇〇 Blog(親父モデラー気まぐれらくがき・・・) は、ちまちま やってます(笑)

さて!今回は! ちょいと趣向を変えた ガンプラ ねた を紹介

JESTA のシールドバインダーアーム 可動 に挑戦!

これだけでは 何のこっちゃ? になるので、説明しますと

HGUC JESTA CANNON を作るにあたり、

シールドバインダーアーム※以降 シールドアーム※の伸び縮みが部品選択式じゃんか!

何だか嫌だな~ いっそうの事 可動式にしてしまえ!

と言う単純発想がそもそもの発端でもあり、過ちの始まりだったのです・・・

だから JESTA 本体の制作過程はありませ~ん


では シールド アーム を可動させましょう ♪

用意する材料は 1~3 だけ!

1 KIT 付属の各シールドアーム IMG_0073.JPG

2 適当なポリキャップ 可動軸のガタ止め

3 シールドアーム ランナーのタグ 同色プラ板として使う  かも・・・・

いざ制作 Le’s BUILD !

IMG_0073.JPG 

これを参考に可動イメージ作りと切断部分を決めて行きます。
これらを切った貼ったで作成します。

パーツ 切り出し 縮みパターン アームを分解
IMG_0075.JPG

エッジング ソー で チマチマ 地味~にカットするのでした。
切り口は このようになりましたぞ!
IMG_0077.JPG

エッジング ソー に チマチマ と格闘し パーツ基本分割終了 ♪
小さな部品のカットなので・・・老眼鏡無しでは作業できませ~ん

ちなみに 左から 2個め部品の中空円に ポリキャップ 仕込みます。

IMG_0078.JPG

裏面 可動軸は ランナ を使用、右 への字部品は シールドに接続されるのだ!

IMG_0081.JPG

仮組/ 可動確認
IMG_0096.JPG

IMG_0097.JPG

収納状態 / 展開状態 何とか形にはなりました、あとは 修正を繰り返して整えていきます。
肉抜き穴修正+α 厚み調整 必要だな~

そんなこったで JESTA に装着! 
ここまで 動きます ♪ 

IMG_0014.JPG

IMG_0017.JPG

IMG_0016.JPG

全体像イメージ あまり フレキシブル では無かったでした・・・・

IMG_0022.JPG

IMG_0023.JPG

IMG_0025.JPG

ガンプラ MG GM QUEL 過去の作品 [ガンプラ]

まだまだ続く 過去作品シリーズ!

ガンプラ遺跡の発掘作業となっています(笑)
ターンA もMSを発掘していたよな~??

話を戻して!この過去作品シリーズは、
スカビ ガンプラ制作年表 を基に古い順に投稿させて頂いてます。
※今までは適当に思いつくまま 投稿していました あしからず・・・

今回 MG GM QUEL ですが!
わたくし スカビ の作品ではないのです!

もともと GM系好きの スカビJr が製造元でして
MG 挑戦 2体目となる作品です。
IMG_1273.JPG
過去投稿 GP-01 も 製造元は スカビJr ・・・ヘルプはスカビが行っていました

最終的には Jr が墨入れ完成させるのですが!
必然的に塗装のリクエストも当然有るわけで・・・引き受けるものの・・・

修正が入ってしまう訳ですな~これが! いろいろ有ったのですよ!
当時の Jr は発展途上なのであれで良しです♪素組で手一杯!

大きな修正個所は、以下の通りだが
1・面のヒケを無くす、
2・バンダイエッジのシャープエッジ化
3・トサカ SUBカメラ レンズクリアーパーツ化
4・Jr 破損部修理
いかんせん印章面とバンダイエッジの面出しに時間を費やしてしまったのでした。

<塗装> 
説明書指示に従わない、へそ曲がり おやじ のスカビ
 オリジナル QUEL カラー QUELブルー なる色を作った訳です。
パッケージ+OVA画像+Jr イメージ で調整 2度と作れません

〇シャドー部 
 濃いグレー(ジャーマングレーっぽい)をチョイ明るくしたグレーをエッジにだけ吹く
〇機体全体ベース
 オリジナル QUEL カラー QUELブルー 
〇機体全体ハイライト
 オリジナル QUEL カラー QUELブルー+スカイブルー系で明るい色調に

出来上がりは
IMG_1275.JPG

IMG_1276.JPG

IMG_1279.JPG

指が白いのは 元指破損 したため・・
残骸型取り 複製・・・素材は2液エポキシ接着剤 (笑)

追伸・・・・記憶の発掘作業が最大の仕事です・・・・

ガンプラ HGUC メタス  過去の作品 [ガンプラ]

メタス 作りました!  2010年8月 夏の暑い時期の作品です。

とりわけスタイルが GANDAM 系のように整っている訳では無いのだが・・・
気になっていたKITでした。

なんだろう~な~? どちらかと言うと不格好系・・・ブサカワ系????

この MS メタス は Z(ゼータ)時代の初期変形 MS であろうと勝手に解釈している次第で
まあ~可変MSの基礎?始祖鳥的なものでありましょうかね(笑)

0033.JPG

過去の記憶を呼び戻しつつ、作成ポイントのおさらいです。

1: KIT 素組にオリジナルパネルラインの追加
2: プチ ディティールUP
3: 適当塗装  同じ色が作れない!荒業
4: 気になるところは手を入れる

んん~ 制作ポイントやおさらいにはなっていませんね・・・・

1:2: については こちらの写真でわかると思います   はははは・・・

正面

IMG_0003.JPG

背面

IMG_0007.JPG

肩・バックパック

IMG_0006.JPG

見てわかるように、肩とバックパック?に 放熱溝のようなディティール追加

肩=ランナのタグを適当に切り 一個づつ貼り付け

バックパック=自作工具で ひたすら彫り・彫り


もちろん 可変 KIT なので MA 形態はと言うと

IMG_0012.JPG

スラスターノズルは ガイヤのシルバーを吹きました。メッキっぽいのが良しです
塗装はシャドーになる部分はオレンジっぽくして、
全体はKIT の色調(明るめの黄色)としてみました。


出来映えは~~
なんとなく 墨入れと サンディング でも再現出来るような・・・気がする・・・


お遊びで 某変形戦闘機・・・〇うぉーく もどき やってみました 
それっぽく ないっすか???? (笑)


IMG_0024.JPG

IMG_0027.JPG
前の10件 | - ガンプラ ブログトップ